群馬大学医学部整形外科教室

電話番号

 
シニアレジデントリレーブログ

お久しぶりです:窪塚貴哉

2021年02月24日

皆さんいかがお過ごしでしょうか。外出する機会が減り、なかなかブログに書ける話題も減っているため、少し趣向を変えて綴っていこうと思います。

 

今ネット上では“夜好性”という言葉が徐々に広まりつつあるようです。これは、YOASOBI、ヨルシカ、ずっと真夜中でいいのに。以上、「夜」という言葉を含む、現在注目されているアーティスト3組を指してファンが使っているそうです。

 

今回はそのうちのYOASOBIとその楽曲について簡単ではありますが、紹介していこうと思います。年末の紅白歌合戦にも出場し、全国的にも有名となっているユニットですが、「小説を音楽する」ことをコンセプトに活動しており、これまで発表されたシングル曲はどれも原作があるという珍しいユニットです。中でもおすすめは、昨年12月に発表された「ハルカ」という楽曲で、こちらは鈴木おさむ作「月王子」という短編小説をもとに作成されています。

 

物語は16年前に中学2年生であった遥との出会いから始まります。主人公である僕(雑貨店に売られていたマグカップ)目線で描かれ、遥が中学生から高校生を経て大人になっていく中で、楽しいときは共に笑い、悲しいときは共に泣いた日々が綴られています。マグカップとして、どんなときも心の中で支えてきた大切な存在との関わりが優しく描かれており、とても素敵な絆に感動しました。

 

YOASOBIの楽曲は原作を読む前は物語を想像しながら聴き、読んだ後は歌詞の意味を深く理解できるといった楽しみ方ができるのでとてもおすすめです。ぜひ皆さんもお時間があるときに、楽曲を聴いたのちにこちらの作品を読んでいただき、もう一度聴き直してみてはいかがでしょうか。

 
 

topへ戻る