群馬大学医学部整形外科教室

電話番号

 
ザスパクサツ群馬応援記

中島先生より:ザスパクサツ群馬応援記

2014年07月27日

水戸away

J2 第22節水戸ホーリーホック戦に帯同してきた済生会の中島です。一週間前に行われた天皇杯2回戦栃木SC戦も担当だったため2週連続の北関東ダービー担当になりました。

試合前の腹ごしらえとしてまぐろのほげほげ丼を食べました。ほげほげとは大洗周辺の方言で「たっぷりと」という意味らしくザスパにもほげほげと得点を入れてもらいものです。

最近の北関東は天候が不順で心配しましたが特に夕立等なく試合が始まりましたが、開始2分でいきなり水戸の鈴木選手にPKを与えてしまう。これを難なく決められていきなり0-1!しかしまだ開始2分!ここはコートジボアールのように逆転だ!と気を取り直す。サッカーの内容的にはボールもつながっておりチャンスも作っていたがあと一歩のところでネットが揺れせず前半終了となる。後半もリーグ戦初先発のゴールキーパー富居選手のナイスセービングもあったが、後半18分ペナルティエリア内でのハンドで水戸に再びPKが与えられ、これも鈴木選手に決められて0-2となり、その後は水戸の固いディフェンスを崩せず試合終了となりました。2012年から今まで北関東ダービーは3分7敗で勝利なし!ここを何とかしないと上位には食い込めない!頑張ってください!ザスパクサツ群馬!

話は変わりますがここ最近秋葉監督が試合中によく言う「ゲーゲンプレス」という言葉があります。この「ゲーゲンプレス」は香川がいたドルトムントの監督クロップが取り入れた戦術です。これはボールを取られた時通常相手を深追いせずにリトリート(自分のポジションに戻って相手に備える)するところ、リトリートせずその場でプレスをかけてボールを奪うというもので、今のトレンドのようで会話の中でさらりと「今のゲーゲンプレスが・・」なんて使うと一目置かれるかもしれません。次の山形戦勝って欲しいな・・・

 
 

topへ戻る