群馬大学医学部整形外科教室

電話番号

   

診療グループ / リウマチグループ

 関節リウマチとは、関節(骨と骨の隙間)に炎症が起き骨や軟骨を壊される病気です。
関節が侵されると“痛みと腫れ”を伴い、炎症が続くと関節の破壊で変形し、正常な運動が妨げられてしまいます。
私たちは、関節リウマチの症状である関節の痛みや腫れ、運動制限を防ぐために“薬の治療”と“手術の治療”“リハビリテーション・ケア”を行っています。
 
 関節リウマチの炎症は、本来細菌などの外敵と戦うための“免疫”が、間違って自身を「敵」と考えて攻撃してしまうことで起きていると考えられています。そのため“薬の治療”とは正常に働かない免疫を抑えることが目的となります。
現在多くの治療薬が開発されており、以前と比べ関節の炎症がよく抑えられるようになってきました。患者さんの状態や生活スタイルによって適切な治療薬を選択します。
 
 “薬の治療”の進歩によって以前より関節が壊される頻度が減ってきていますが、炎症が抑えられず破壊された関節については“手術の治療”が考慮されます。
侵された関節の場所や壊れ方の程度によって手術の方法は異なりますが、①人工の関節に置き換える➁関節が動かないように固定する③傷んだ関節を切って新たに関節を形成する、などがあります。手術の仕方により期待される効果も様々ですので主治医の先生とよく相談する必要があります。
 

 
 関節リウマチの治療は“薬の治療”と“手術の治療”だけでは完結できません。薬によって関節の炎症が抑えられても、手術によってレントゲンでの関節変形が治っていても、患者さん自身の日常生活動作や生活の質が改善されなければ治療の目標が達成されたとは言えません。当院では術後や必要時に積極的なリハビリテーションを行っており、高い治療目標を目指しています。また近隣の医療機関と連携し“リハビリテーション・ケア”の充実を図っています。
 
 このように私たちリウマチグループは患者さんの症状や要望に合わせて“薬”と“手術”を組み合わせて治療を進め、“リハビリテーション・ケア”で質の高い生活が送れるようにサポートしていきます。
関節リウマチによる免疫の異常や治療薬の影響で、関節以外に治療が必要な病気が合併してしまうこともありますが、当院は大学病院であり他科のサポートも十分に受けられる環境が整っています。安心して通院いただけるように全力をつくしていきます。
 

 
 

 
 

 

topへ戻る