群馬大学医学部整形外科教室

電話番号

   

診療グループ / 手外科グループ

 手外科グループは田鹿毅、久保井卓郎、遠藤史隆の3名を中心に、外来診療および手術等を行っています。日常生活において大切な手・肘の機能障害を改善させ、患者様の生活をより良いものにするべく日々の診療にあたっています。
 
 毎週月曜日の午前中に専門外来を行っており、主に手・肘に関する怪我、関節の変形、神経の障害、上肢の先天異常などを診療しています。また小学生~高校生の野球選手を中心に上肢のスポーツ障害の診療も行っています。
 
 手術治療としては、関節の障害(変形性関節症など)に対する関節形成術や関節鏡下手術、神経の障害(手根管症候群、肘部管症候群など)に対する神経剥離術、骨折などの怪我に対する手術、上肢のスポーツ障害(野球肘など)に対する関節形成術や関節鏡下手術などを行っています。
また、現在手外科グループの大谷昇が湘南鎌倉総合病院外傷センターに国内留学し、将来群馬県の外傷治療に還元するべく、外傷専門治療の研修に励んでいます。
 
 手・肘に限っても様々な病気や怪我があり、治療方法も薬や装具、リハビリテーションといった保存療法から、中には手術治療と選択肢は多岐にわたります。まずは正確に診断し、患者様の生活状況やご希望を伺い最善と考える治療をご提供できるよう努めてまいります。
 

 
 

 
 

 

topへ戻る