群馬大学医学部整形外科教室

電話番号

 
シニアレジデントリレーブログ

東日本整形災害外科学会:丹下 沙羅

2015年09月12日

あっという間にレジデントブログ2周目が回ってきてしまいました。そしてもう整形外科医として半年が経ってしまい、時の流れの速さにびっくりするとともに毎日を大事にしていこうと思う日々です。

さて、私は9月11,12日で福島で開催された東日本整形災害外科学会に参加してきました。前日まで台風の影響で大きな被害が出ていたこともあり、どうなることかと心配していましたが、無事に学会に行ってくることができました。
学会は東日本の整形外科医が集まり、患者さんの症例検討や難治症例の報告・検討をし、意見を出し合う場であり、学会に参加することで視野が広がり今後の日常診療の糧にしていくことができる場だと考えています。
今回私自身の発表はありませんでしたが、整形外科の学会は初めて参加したためとても新鮮で、どの発表も興味深いものばかりでした。特に、同期や先輩の堂々と発表する姿はかっこよかったです。
 もう一つの学会の目的は学会とともに開催される病院対抗のサッカー大会と水泳大会でした。これは他の科の学会にはない整形外科特有の行事だと思います。診療でスポーツに関わる科であるからこそ、整形外科医はスポーツが趣味の人も多いのかもしれません。
私は大学時代水泳部だったため、水泳大会に参加させていただきました。本当に久しぶりの飛び込み台でドキドキでしたが、どうにかお腹を打たずに飛び込めて一安心でした。部活時代を思い出して、医者になってもこうやって本気でリレーができて改めて整形でよかったなと実感しました。
ちなみにサッカーは優勝、水泳は準優勝だったので、水泳も来年こそは優勝を狙えればいいなと思います。
また、学会から持ち帰った知識をしっかりinputして、日々の診療にoutputしていくことができるよう、また精進していきたいです。
写真は、福島ご当地グルメの円盤餃子と、学会場(中は写真撮り忘れてしまいました)、水泳大会の様子です。
IMG_0763 IMG_0764 IMG_0766
 
 

topへ戻る