群馬大学医学部整形外科教室

電話番号

   

業績 / 2008年

Ⅰ.論文
 
【原著】
Iizuka H.,Sorimachi Y., Ara T., Nishinome M., Nakajima T., Iizuka Y., Takagishi K.
Relationship between the morphology of the atlanto-occipital joint and the radiographic results in patients with atlanto-axial subluxation due to rheumatoid arthritis.Eur Spine J.17(6):826-830, 2008
 
Seki T., Shimokawa N., Iizuka H., Takagishi K., Koibuchi N.
Abnormalities of vertebral formation and Hox expression in congenital kyphoscoliotic rats.Mol Cell Biochem. 312(1-2):193-199, 2008
 
Takeda M., Higuchi H., Kimura M., Kobayashi Y., Terauchi M., Takagishi K.
Spontaneous osteonecrosis of the knee: histopathological differences between early and progressive cases. J Bone Joint Surg Br. 90(3): 324-329, 2008
 
Sato J., Yanagawa T., Dobashi Y., Yamaji T., Takagishi K., Watanabe H.
Prognostic significance of 18F-FDG uptake in primary osteosarcoma after but not before chemotherapy: a possible association with autocrine motility factor/phosphoglucose isomerase expression.Clin Exp Metastasis. 25(4):427-435, 2008
 
Sato T., Yamaji T., Inose H., Sekino Y., Uchida S., Usuda S., Takagishi K., Shirakura K., Watanabe H.
Effect of a modified S-form hip brace, WISH type, for patients with painful osteoarthritis of the hip: a role in daily walking as a hip muscle exercise.Rheumatol Int. 28(5): 419-428, 2008
 
萩原 敬一、木村 雅史、小林 保一、朝雲 浩人、佐藤 直樹、滝 正徳、生越 敦子、江黒 美栄子、高岸 憲二
変形性関節症を伴った前十字靱帯不全膝に対する前十字靱帯再建術. 関節鏡33(2): 257-261. 2008
 
大沢 敏久、高岸 憲二、小林 勉、鈴木 秀喜、山本 敦史、設楽 仁、篠崎 哲也、有田覚
5mm〜1cm転位がある上腕骨大結節骨折の手術療法と保存療法の比較. 肩関節. 32(2): 345-348, 2008
 
山本 敦史、高岸 憲二、大沢 敏久、小林 勉、中島 大輔、設楽 仁
無症候性腱板断裂の臨床像. 肩関節. 32(2): 409-412, 2008
 
大沢 敏久、高岸 憲二、小林 勉、鈴木 秀喜、山本 敦史、設楽 仁、篠崎 哲也
原テストによる高校野球投手のメディカルチェック -第2報-. 肩関節. 32(3): 687-690, 2008
 
小林 勉、高岸 憲二、大沢 敏久、山本 敦史、設楽 仁
超音波を用いた肩関節外転・外旋時の棘上筋・棘下筋断面増加率の検討. 肩関節. 32(3): 691-694, 2008
 
黒沢 一也、田鹿 毅、山本 敦史、中島 大輔
閉鎖療法を併用したcomposite graft法(occlusive composite graft)による指尖切断の治療-指尖切断に対する新しい治療法-. 日本手の外科学会雑誌. 24(6)(in press), 2008
 
中島 大輔、山本 敦史、大沢 敏久、小林 勉、設楽 仁、高岸 憲二
無症候性腱板断裂の疫学. 肩関節32(2): 365-367, 2008
 
柳澤 真也 寺内 正紀 畑山 和久 高岸 憲二
習慣性膝蓋骨脱臼を合併した変形性膝関節症への人工膝関節置換術の工夫
臨床整形外科・43(10): 1011-1015, 2008
 
【症例報告】 澁澤 一行、柳川 天志、篠崎 哲也、高岸 憲二
早期に鼠径部リンパ節転移をきたした臀部骨外性粘液型軟骨肉腫の1例. 関東整形災害外科学会雑誌39(2): 72-76, 2008
 
清水 雅樹、小林 勉、田鹿 毅、岡邨 興一、高岸 憲二、中里 洋一
Adalimumab投与中に人工膝関節全置換術を施行した一例. 関東リウマチ41: 195-200, 2008
 
喜多川 孝欽、篠崎 哲也、柳川 天志、高岸 憲二
橈骨遠位端に生じたサルモネラ骨髄炎の1例.臨床整形外科43(8): 817-820, 2008
 
Ⅱ.学会発表
 
―54th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, SanFrancisco(USA)―
Yanagawa T., Watanabe H., Shinozaki T., Takagishi K.
A New Binding Partner of Autocrine Motility Factor in Fibrosarcoma Cells
 
―75th American Academy of Orthopaedic Surgeons, SanFrancisco(USA)―
Kobayashi T.,Takagishi K.,Osawa T., Suzuki H., Suto M., Yamamoto A., Shitara H.
Isolated Paralysis of the Infraspinatus Muscle
 
―9th EFORT Congress  Nice(France)― Takayanagi S., Hirakawa K., Tsuji K, Tatsumi I., Matsuda Y., Nakura N., Nakasone S., Takagishi K.
Reduction trial of perioperative autologous blood donation for primary total hip arthroplasty
 
Takayanagi S., Hirakawa K., Tsuji K., Tatsumi I., Matsuda Y., Nakura N., Nakasone S., Takagishi K.
Comparison of perioperative abductor power in minimally invasive total hip arthroplasties performed with minimal anterolateral approach, two-incision minimally invasive approach, and MIS anterolateral (modified Watson-Jones) approach
 
―9th Annual Meeting of the Spine Society of Europe, Geneva(Switzerland)―
Iizuka H., Nishinome M., Sorimachi Y., Ara T., Nakajima T., Iizuka Y., Kenji Takagishi
Characteristics of bony ankylosis of the facet joint of the upper-cervical spine in patients with cervical spine involvement due to rheumatoid arthritis
 
Sorimachi Y., Iizuka H., Nishinome M., Ara T., Nakajima T., Iizuka Y., Kenji Takagishi
Preoperative predictionof bony ankylosis in atlanto-axial joint after C1/2 transarticular screw fixation
 
Iizuka Y., Iizuka H., Nakajima T., Tsutsumi S., Nishinome M., Sorimachi Y., Ara T., Kenji Takagishi
C3-7 laminoplasty and C4-6 laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy, saigittal alignment, range of motion, post-operative upper-extremity palsy, and surgical outcome
 
―The1st Biennial Asia Arthroscopy Congress (AAC2008) Seoul(Korea)―Symposium―
Takagishi K.
Isolated Paralysis of the Infraspinatus Muscle by Ganglion Cyst
 
Osawa T., Takagishi K., Kobayashi T.,Yamamoto A.
Arthroscopic versus Mini-Open Rotator Cuff Repair (A Short-TermRetrospective Outcome with Time)
 
Sato N., Higuchi H., Kimura M., Yanagisawa S., Takagishi K.
The anterior tibial laxity during isokinetic knee exercise in patients with ACL-reconstruction: Differences between BTB and ST graft
 
―The 9th Korea-Japan Joint Meeting for Sports Medicine, Seaul(Korea)―
Takagishi K.,
Comparison of Arthroscopic and Open Procedure for Recurrent Dislocation
 
Kobayashi T., Takagishi K., Osawa T., Yamamoto A.
Evaluation of the supraspinatus and infraspinatus muscle contractions of baseball pitchers by ultrasonography
 
Yamamoto A., Takagishi K., Osawa T., Kobayashi T.,Suzuki H., Shitara H., Shinozaki T.
A Medical Check of Shoulder Joints for High School Baseball Pitchersby the Hara’s Test
 
―13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology 横浜市―
Takagishi K., Okamura K., Yonemoto Y., Kobayashi T., Sakurai T., Tamura Y., Iso T., Inoue H.
Disease-Modifying Antirheumatic Drugs (DMARDs) Use in the Elderly Rheumatoid Arthritis Patients
 
Okamura K.,Takagishi K.,Yamashita S., Horibata Y., Sugimoto H.
Ets2 is important for the transcriptional regulation of CTP:phosphocholine cytidylyltransferase α in M-CSF stimulated RAW264 osteoclast precursor cells
 
―第81回 日本整形外科学会学術総会  (札幌)―
高岸 憲二、大沢 敏久、小林 勉、山本 敦史、設楽 仁、篠崎 哲也
肩関節外科学のこの10年の進歩と今後10年の課題五十肩
 
佐藤 貴久、篠崎 哲也、割田 敏朗、内田 訓、高岸 憲二
変形性股関節症例におけるFDG-PETを用いた人工股関節置換術前後の股関節周囲筋代謝の変化
 
飯塚 伯、西野目 昌宏、反町 泰紀、荒 毅、中島 飛志、飯塚 陽一、高岸 憲二
RA頸椎障害例における上位頸椎椎間関節骨性強直の検討
 
萩原 敬一、木村 雅史、小林 保一、滝 正徳、清水 雅樹、江黒 美栄子、生越 敦子、本庄 友里野、高岸 憲二
FasT-Fixを用いたall-inside法による半月板縫合術の短期成績
 
畑山 和久、寺内 正紀、樋口 博、清水 雅樹、柳澤 真也、高岸 憲二
人工膝関節置換術時の伸展位および屈曲位での軟部組織剛性
 
反町 泰紀、飯塚 伯、荒 毅、西野目 昌宏、飯塚 陽一、中島 飛志、堤 智史、高岸 憲二
Magerl法後の環軸椎関節癒合 X線上の諸因子および後頭環椎関節形態との関連
 
大沢 敏久、高岸 憲二、小林 勉、鈴木 秀喜、須藤 執道、山本 敦史、設楽 仁、山口蔵人、篠崎 哲也
鏡視下腱板縫合術(ARCR)と直視下腱板縫合術(MOR)の術後成績の比較
山本 敦史、高岸 憲二、大沢 敏久、小林 勉、佐藤 直樹、岡邨 興一、中島 大輔、西野目 昌宏、割田 敏朗、設楽 仁
無症候性腱板断裂の臨床像
 
中島 大輔、山本 敦史、大沢 敏久、小林 勉、設楽 仁、高岸 憲二
無症候性腱板断裂の疫学
 
久保井 卓郎、小林 勉、大沢 敏久、田鹿 毅、山本 敦史、設楽 仁、高岸 憲二
肘痛を有する高校野球投手に対する関節弛緩・タイトネス調査
 
大沢 敏久、高岸 憲二、小林 勉、鈴木 秀喜、田鹿 毅、須藤 執道、山本 敦史、久保井 卓郎、設楽 仁、篠崎 哲也
原テストによる高校野球投手のメディカルチェック(第2報)
 
小林 勉、大沢 敏久、田鹿 毅、山本 敦史、久保井 卓郎、設楽 仁、高岸 憲二
高校野球投手の肘痛・肩痛・腰痛の危険因子 過去3年間のメディカルチェックの結果から
 
小林 勉、高岸 憲二、大沢 敏久、田鹿 毅、山本 敦史、久保井 卓郎、設楽 仁
超音波装置を用いた肩関節外転・外旋時の棘上筋・棘下筋断面増加率の検討
 
高柳 聡、平川 和男、辻 耕二、巽 一郎、松田 芳和、名倉 誠朗、仲宗根 哲、高岸 憲二
3種のアプローチによるMIS THA術後外転筋力の推移
 
―第38回 日本人工関節学会 (沖縄)―
割田 敏朗、佐藤 貴久、内田 訓、高岸 憲二、田中 宏志
人工関節再置換術におけるβ-TCPの使用経験
 
畑山 和久、寺内 正紀、樋口 博、清水 雅樹、柳沢 真也、高岸 憲二
人工膝関節置換術中の伸展位または屈曲位軟部組織剛性
 
高柳 聡、平川 和男、辻 耕二、塚本 理一郎、巽 一郎、松田 芳和、名倉 誠朗
Mini-One、MIS A/L、2-incisionによるTHA術後外転筋力の推移
 
―第23回 日本整形外科学会基礎学術集会 (京都)―
設楽 仁、花川 隆、篠崎 哲也、高岸 憲二、本田 学
磁気共鳴機能画像(fMRI)、筋電図(EMG)、経頭蓋磁気刺激(TMS)の同時計測に関する基礎的検討
 
岡邨 興一、高岸 憲二、和泉 孝志、山下 智子、杉本 博之
M-CSF刺激された破骨細胞前駆細胞において転写因子Ets2はリン脂質合成酵素CTαの転写を促進する
 
萩原 敬一、篠崎 哲也、高岸 憲二、高田 邦昭
ヒト正常関節軟骨およびOA軟骨におけるアクアポリン水チャンネルの発現と局在
 
―第52回 日本リウマチ学会総会・学術集会、第17回 国際リウマチシンポジウム (札幌)―
高岸 憲二、小林 勉、竹内 公彦、田鹿 毅、岡邨 興一、桜井 武男、磯 武信、米本 由木夫、井上 博
リウマチ関節手術療法の新展開リウマチ肩に対する手術
 
岡邨 興一、小林 勉、田鹿 毅、高岸 憲二
関節リウマチにより両側人工膝関節を施行した一症例における周術期タクロリムス血中濃度の推移と術後経過
 
岡邨 興一、高岸 憲二
転写因子Ets1およびEts2は破骨細胞前駆細胞においてリン脂質合成酵素CTαの転写を促進する
 
―第37回 日本脊椎脊髄病学会 (東京)―
飯塚 伯、西野目 昌宏、反町 泰紀、荒 毅、中島 飛志、飯塚 陽一、高岸 憲二
RA頸椎障害例における上位頸椎椎間関節骨性強直(癒合)の検討
 
飯塚 陽一、飯塚 伯、堤 智史、中川 由美、中島 飛志、反町 泰紀、荒 毅、関 隆致西野目 昌弘、高岸 憲二
Schwannomatosisに伴う脊髄腫瘍について
 
反町 泰紀、飯塚 伯、荒 毅、西野目 昌宏、堤 智史、飯塚 陽一、中島 飛志、関 隆致、高岸 憲二
Magerl法後の環軸椎関節癒合は術前から予測可能である!?
西野目 昌宏、飯塚 伯、反町 泰紀、荒 毅、飯塚 陽一、中島 飛志、高岸 憲二
RA環軸椎亜脱臼例における環軸椎後方固定術前後のX線学的検討 環軸椎傾斜角とRanawat値に注目して
 
―第33回 日本膝関節学会 (東京)―
江黒 美栄子、木村 雅史、小林 保一
MPFL再建術の適応と手術成績
 
清水 雅樹、萩原 敬一、高岸 憲二、木村 雅史、小林 保一、滝 正徳、伊東 美栄子、生越 敦子、本庄 友里野
前十字靱帯再建術後、正座不可能例における臨床成績の検討
 
寺内 正紀、畑山 和久、柳沢 真也、木村 雅史
非接触型前十字靱帯損傷膝の矢状面アライメントの検討
 
―第34回 日本関節鏡学会 (東京)―
小林 保一、木村 雅史、滝 正徳、萩原 敬一、清水 雅樹、生越 敦子、江黒 美栄子、本庄 友里野
当科における解剖学的ACL再建術の治療成績
 
柳澤 真也
膝窩筋大腿骨付着部裂離骨折の1例
 
―第33回 日本足の外科学会 (東京)―
柳澤 真也、長谷川 惇、門田 聡、高岸 憲二
スポーツにより発症した脛骨内果疲労骨折の5例
 
日尾 有宏、長谷川 惇、門田 聡、野口 英雄、高岸 憲二
距骨骨折後の体部部分壊死に対するmosaicplastyの治療経験
 
―第34回 日本整形外科スポーツ医学会学術集会 (東京)―
清水 雅樹、萩原 敬一、高岸 憲二、木村 雅史、小林 保一、滝 正徳、江黒 美栄子、生越 敦子、本庄 友里野
早期の膝関節離断性骨軟骨炎に対して骨釘によるin situ fixationを施行した2例
 
―第20回 日本運動器リハビリテーション学会 (東京)―
小林 勉、高岸 憲二、大沢 敏久、山本 敦史、足立 智、中島 慶子、設楽 仁、篠崎 哲也
高校野球投手の肘関節症状に関わるメディカルチェック測定項目の検討
 
佐藤 貴久、渡邊 秀臣、割田 敏朗、内田 訓、高岸 憲二
WISH型S字股関節装具の股関節機能評価
 
佐藤 貴久、篠崎 哲也、割田 敏朗、内田 訓、高岸 憲二
片側変形性股関節症例におけるFDG-PETを用いた人工股関節置換術前後の股関節周囲筋代謝の検討
 
―第41回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 (浜松)―
武智 瑠美、柳川 天志、篠崎 哲也、高岸 憲二
脛骨近位端に発生したsolid variant of aneurysmal bone cystの1例
 
篠崎 哲也、柳川 天志、金子 哲也、渡辺 秀臣、高岸 憲二
肘関節滑車上部リンパ節腫脹を生じた原因疾患の検討
 
―第14回 日本最小侵襲整形外科学会 (富山)―
日尾 有宏、長谷川 惇、門田 聡、高岸 憲二
足関節疼痛性副骨障害に対する関節鏡視下摘出術の経験
 
―第43回 日本脊髄障害医学会 (札幌)―
武智 泰彦、飯塚 伯、西野目 昌宏、反町 泰紀、高岸 憲二
非外傷性後頭骨環椎後方亜脱臼の一例
 
角田 和彦、飯塚 伯、西野目 昌宏、反町 泰紀、飯塚 陽一、高岸 憲二
化膿性環椎後頭関節炎後に生じた環軸椎亜脱臼の一例
 
―第35回 日本肩関節学会学術集会 (大阪)―
大沢 敏久、高岸 憲二、小林 勉、鈴木 秀喜、山本 敦史、設楽 仁
鏡視下腱板縫合術(ARCR)と直視下腱板縫合術(MOR)の経時的術後成績の比較
 
小林 勉、高岸 憲二、大沢 敏久、山本 敦史
野球投手に対するゼロポジション外旋筋力評価の意義
 
山本 敦史、高岸 憲二、大沢 敏久、小林 勉、設楽 仁、山口 蔵人、一ノ瀬 剛、三枝徳栄、高澤 英嗣
夜間痛は腱板修復術の術後成績に影響を与えるか?
 
山口 蔵人、大沢 敏久、小林 勉、山本 敦史、設楽 仁、高岸 憲二
肩関節前方脱臼に伴う大結節裂離骨折に対する鏡視下手術の2例
 
一ノ瀬 剛、山本 敦史、大沢 敏久、小林 勉、設楽 仁、山口 蔵人、三枝 徳栄、高澤英嗣、高岸 憲二
腱板修復術後のヒアルロン酸ナトリウム肩関節内投与の有効性
 
―第35回 日本股関節学会 (大阪)―
佐藤 貴久、渡辺 秀臣、内田 訓、割田 敏朗、高岸 憲二
WISH型S字股関節装具の股関節機能評価
 
佐藤 貴久、篠崎 哲也、割田 敏朗、内田 訓、高岸 憲二
片側変形性股関節症例におけるFDG-PETを用いた人工股関節置換術前後の股関節周囲筋代謝の変化
 
―第57回 東日本整形災害外科学会 (東京)―
大澤 貴志、木村 雅史、小林 保一、滝 正徳、萩原 敬一、清水 雅樹、伊東 美栄子、本庄 友里野、高岸 憲二
アキレス腱縫合術後、弾発膝を呈した一例
 
三枝 徳栄、篠崎 哲也、柳川 天志、高岸 憲二
足部軟部腫瘍を疑った関節リウマチの3例
 
柳澤 真也、寺内 正紀、畑山 和久、清水 雅樹、佐藤 直樹、高岸 憲二
半月板単独損傷における関節マーカー変化の検討
 
―第48回 関東整形災害外科学会 (東京)―
山口 蔵人、大沢 敏久、小林 勉、山本 敦史、設楽 仁、武智 泰彦、高岸 憲二
上腕骨近位端骨折肩関節前方脱臼に伴う大結節剥離骨折に対する鏡視下手術
 
大沢 敏久、高岸 憲二、小林 勉、山本 敦史、設楽 仁、鈴木 秀喜、須藤 執道、山口 蔵人、武智 泰彦、喜多川 孝欽、篠崎 哲也
鏡視下腱板縫合術(ARCR)と直視下腱板縫合術(MOR)の術後成績の比較
 
大沢 敏久、高岸 憲二、篠崎 哲也、小林 勉、山本 敦史、清水 雅樹、久保井 卓郎、飯塚 陽一、荒 毅、堤 智史
山村部でのアンケート調査による肩こりの臨床的特徴
 
武智 瑠美、篠崎 哲也、柳川 天志、高岸 憲二
脛骨近位骨端部に発生した線維性骨異形成の1例
 
武智 泰彦、篠崎 哲也、柳川 天志、高岸 憲二
踵骨後滑液嚢に発生した滑膜軟骨腫症の一例
 
角田 和彦、篠崎 哲也、柳川 天志、高岸 憲二
筋肉及び筋間内粘液腫の臨床病理学的特徴について
 
金子 哲也、後藤 渉、中島 一郎、高橋 敦志、久保井 卓郎、高岸 憲二
左正中神経運動枝のみを選択的に傷害し、砂時計状を呈した手関節ガングリオンの1例
 
岡田 純幸、原 和比古、高岸 憲二、小野 庫史、尾形 敏朗、金子 克巳
間欠性跛行を呈した膝窩動脈外膜嚢腫の1例

 
 

 
 

 

topへ戻る