群馬大学医学部整形外科教室

電話番号

   

業績 / 2007年

Ⅰ.論文
 
Hatayama K., Higuchi H., Kimura M., Takeda M, Ono H., Watanabe H., Takagishi K.
Histologic changes after meniscal repair using radiofrequency energy in rabbits.
Arthroscopy.23(3): 299-304, 2007
 
Iizuka H., Nakajima T., Iizuka Y., Sorimachi Y., Ara T., Nishinome M., Takagishi K.
Cervical malalignment after laminoplasty, its relationship to deep extensor musculature of the cervical spine and neurological outcome.
J Neurosurg Spine. 7(6): 610-614, 2007
 
Nakajima T., Iizuka H., Tsutsumi S., Kayakabe M., Takagishi K.
Evaluation of posterolateral spinal fusion using mesenchymal stem cells: Differences with or without osteogenic differentiation.
Spine. 32(22): 2432-2436, 2007
 
Yanagawa T., Funasaka T., Tsutsumi S., Hu H., Watanabe H., Raz A.
Regulation of phosphoglucoseisomerase/autocrine motility factor activities by the poly(ADP-ribose) polymerase family-14.
Cancer Res. 67: 8682-8689, 2007
 
Asagumo H., Kimura M., Kobayashi Y., Taki M., Takagishi K
Anatomic reconstruction of the anterior cruciate ligament using double-bundle hamstring tendons: surgical techniques, clinical outcome, and complications
Arthroscopy. 23(6): 602-609, 2007
 
Takeuchi K., Matsusita M., Takagishi K.
A case of SAPHO syndrome in which [18F]fluorodeoxyglucose positron emission tomography was useful for differentiating from multiple metastatic bone tumors.
Mod Rheumatol. 17(1): 67-71, 2007
 
Taki M., Iwata O., Shiono M., Kimura M., Takagishi K.: Extracorporeal shock wave therapy for resistant stress fracture in athletes:A report of 5 cases.
Am J Sports Med. 35: 1188-1192, 2007
 
畑山和久、木村雅史、小林保一、朝雲浩人、武田光宏、清水雅樹、樋口 博、高岸憲二
半月板切除後のMRI骨髄信号変化の出現が中期成績に与える影響. 関節鏡. 32: 61-66, 2007
 
小林 勉、大沢敏久、樋口 博、須藤執道、高岸憲二
肩関節周囲炎に対するロルノキシカムの臨床効果. 新薬と臨床. 56(9): 1588-1597, 2007
 
滝 正徳、木村雅史、小林保一、朝雲浩人、佐藤直樹、萩原敬一、鴇田朝海、生越敦子、江黒 美栄子、高岸憲二
膝複合靱帯損傷における治療方針の検討 ACL、PCL、MCL損傷25例の経験から. 膝. 31(2): 219-222, 2007
 
篠崎哲也、大沢敏久、堤 智史、小林 勉、高岸憲二
肩こりの病態と治療肩こりの病態アンケート調査より. 臨床整形外科. 42(5): 409-412, 2007
 
滝 正徳、木村雅史、小林保一、朝雲浩人、高岸憲二
新鮮膝PCL複合靱帯損傷における保存療法の適応と限界. 東日本整形災害外科学会雑誌. 19(1): 13-19, 2007
 
荒 毅、飯塚 伯、高岸憲二
腸骨採骨部痛に関する調査. 日本腰痛会誌. 13(1): 150-154, 2007
 
大沢敏久, 高岸憲二, 小林 勉, 山本敦史, 鈴木秀喜, 設楽 仁, 篠崎哲也
原テストによる高校野球投手のメディカルチェック. 肩関節31(2) 437-439, 2007
 
山本敦史, 高岸憲二, 大沢敏久, 鈴木秀喜, 小林 勉, 設楽 仁, 篠崎哲也
腱板断裂の理学所見による断裂形態の判別. 肩関節31(2) 361-364, 2007
 
小林 勉, 高岸憲二, 大沢敏久, 鈴木秀喜, 山本敦史, 設楽 仁, 篠崎哲也
腱板断裂の術前肩疼痛に対するVAS評価の検討. 肩関節31(3) 557-560, 2007
 
設楽 仁, 高岸憲二, 鈴木秀喜, 大沢敏久, 石川 隆, 荒牧雅之, 饗場佐知子, 小林 勉, 篠崎 哲也
反復性肩関節脱臼・亜脱臼に対する治療法の比較 Modified Inferior Capsular Shift法vs.鏡視下バンカート修復術. 肩関節31(2) 291-294, 2007
 
中島大輔、竹内公彦、松下正寿、米本由木夫、高岸憲二
関節リウマチの人工膝関節置換術後に生じた膝蓋腱断裂に対する再建術の経験. 関節の外科. 34(1): 16-20, 2007
 
滝 正徳、木村雅史、小林保一、朝雲浩人
半月板横断裂に対しall inside半月板修復術を施行した1例. 整形外科. 58: 800-803, 2007
 
八田範子、篠崎哲也、佐藤潤香、渡辺秀臣、高岸憲二
右上腕に発生した木村病の1例. 関東整形災害外科学会雑誌38(6) 245-248, 2007
 
米本由木夫、竹内公彦、大沢敏久、小林 勉、松下正寿、田鹿 毅、清水雅樹、岡邨興一、高岸憲二
人工骨頭置換術を施行したリウマチ肩の一例. 関東リウマチ40: 96-103, 2007
 
Ⅱ.学会発表
 
―53rd Annual Meeting Orthopaedic Research Society 2月11~14日 San Diego(USA)―
Yanagawa T., Watanabe H., Shinozaki T., Takagishi K.
Phosphorylationofautocrine motility factor / phosphoglucoseisomerase regulates its enzymatic activity
 
―6th Biennial ISAKOS Congress, 5月27~31日 Florence (Italy)―
Hatayama K., Higuchi H., Kimura M., Takeda M., Watanabe H., Takagishi K.
Time Course of Histological Changes after Meniscal Repair using Radiofrequency Energy
 
―23rd Annual Meeting of Cervical Spine Research Society-European Section 5月30~6月1日 Leuven (Belgium)―
Iizuka H., Ara T.,Sorimachi Y., Nakajima T., Iizuka Y., Takagishi K.
Relationship between morphology of atlanto-occipital joint and radiographicresults in patients with atlanto-axial subluxation due to
rheumatoid arthritis
 
Ara T.,Iizuka H.,Sorimachi Y., Nakajima T., Iizuka Y., Tsutsumi S., Takagishi K.
Cervical laminoplasty can improve pre-operative neck pain?
 
―10th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery 9月17~20日Brazil―
Osawa T.,Takagishi K., Kobayashi T., Yamamoto A., Shitara H., Shinozaki T. Injury Typesof Bankart Lesionin Recurrent Anterior Instabilityof the Shoulder
 
Kobayashi T., Takagishi K., Osawa T., Suzuki H., Yamamoto A., Shitara H., Shinozaki T.
Preoperative Various Pain Visual Analog Scale Evaluationsfor Rotator Cuff Tear
 
Yamamoto A., Takagishi K., Osawa T., Suzuki H., Kobayashi T., Shitara H., Shinozaki T.
Distinctionbetween Rotator Cuff Tear Typesby Physical Findings
 
Shitara H., Takagishi K., Suto M., Suzuki H., Osawa T., Kobayashi T., Shinozaki T.
A Comparisonof Modified Inferior Capsular Shift Method Versus ArthroscopicBankart Suture Repairfor Recurrent Anterior Dislocation
(Subluxation) of the Shoulder
 
―9th Annual meeting of Spine Society of Europe  10月3~6日 Brussels(Belgium)―
Iizuka Y., Iizuka H.,Nakajima T., Sorimachi Y., Ara T., Nishinome M., Takagishi K.
C5 palsy after C3-7 versus C4-6 laminoplasty
 
Iizuka Y., Shinozaki T., Ara T., Iizuka H., Takagishi K.
Characteristics of neck-shoulder pain (Katakori in Japanese)
 
Iizuka H., Sorimachi Y., Ara T., Nakajima T., Iizuka Y., Takagishi K.
Spontaneous fusion of facet joint of upper cervical spine in patients due to rheumatoid arthritis, its characteristics and induced disorder
 
Sorimachi Y., Iizuka H., Ara T., Nakajima T., Iizuka Y., Takagishi K.
Bony ankylosis in atlantoaxial joint after atlantoaxialtransarticular fixationforatlanto-axial subluxation due to RA
 
―6th combined meeting of Orthopaedic Research Society 10月20~24日 Honolulu(USA)―
Yanagawa T., Watanabe H., Takagishi K.
Roles of Autocrine Motility Factor in Fibrosarcoma and Osteosarcoma Cell Lines
 
Kobayashi T.,Watanabe H.,Yanagawa T.,Takagishi K.
Motility and Growth of Human Bone Marrow Mesenchymal Stem Cells During the ex vivo Expansion in AutologousSerum
 
Okamura K., Takagishi K., Yamashita S., Izumi S., Sugimoto H.
Identification of nuclear localization and nuclear export signals in Ets2 and their importance for the transcription of
CTP:phosphocholinecytidylyltransferaseα
 
Takayanagi S., Hirakawa K., Tatsumi I., Matsuda Y., Tsuji K., Nakasone S.
Simulation of the Reduction of Preoperative Autologous Blood Donation for Total Hip Arthroplasty: Using Calculative Hemoglobin Value through
the Supposititious Bloodletting
 
―第37回 日本人工関節学会  2月2・3日 東京都―
佐藤貴久、高岸憲二、内田 訓、長田純一、小林敏彦、割田敏朗、田中宏志、土田ひとみ
セメントレスAMLステムを用いた人工骨頭置換術の長期成績
 
―第19回 日本肘関節学会学術集会  2月10日 神戸市―
黒沢一也、小林 勉、田鹿 毅、山本敦史、高岸憲二
上腕骨滑車部の離断性骨軟骨炎
 
小林 勉、大沢敏久、山本敦史、足立 智、中島慶子、設楽 仁、篠崎哲也、高岸憲二
ロジスティック回帰分析による高校野球投手肘関節障害に関わるメディカルチェック測定項目の検討
 
―第47回 関東整形災害外科学会  3月23・24日 東京都―
割田 敏朗、佐藤 貴久、篠崎 哲也、高岸 憲二
化膿性股関節炎を合併した小児腸骨骨髄炎の1例
 
―第50回 日本手の外科学会学術集会  4月19・20日 山形県―
小林 勉、田鹿 毅、山本敦史、久保井卓郎、高岸憲二
手・前腕領域の骨軟部腫瘍および腫瘍性病変に対するPET診断
 
足立 智、後藤 渉、中島一郎、小林 勉、高岸憲二
第二虫様筋遠位潜時(SL-DL)が短母指外転筋遠位潜時(APB-DL)より遅延しているCTSの検討
 
長谷川仁、高橋敦志、鎌田真彦、高岸憲二
手に発生した動静脈奇形に対し経動脈的塞栓術と外科的摘出を施行した1例
 
黒沢一也、田鹿 毅、山本敦史、中島大輔、高岸憲二
閉鎖療法を併用したcomposite graft法による指尖切断の治療 指尖切断に対する新しい治療法
 
―第51回日本リウマチ学会学術集会  4月26~29日 横浜市―
田鹿 毅、小林 勉、清水雅樹、高岸憲二
関節リウマチ膝に対する高分子ヒアルロン酸ナトリウム(スベニール)の臨床効果
 
―第36回 日本脊椎脊髄病学会  4月26・27日 金沢市―
荒 毅、飯塚 伯、堤 智史、反町泰紀、飯塚陽一、中島飛志、高岸憲二
頸椎脊柱管拡大術前後の頸部愁訴に対するアンケート調査
 
飯塚陽一、中島飛志、飯塚 伯、堤 智史、反町泰紀、荒 毅、関 隆致、高岸憲二 腸腰筋膿瘍の臨床像
 
―第80回 日本整形外科学会学術集会  5月24~27日 神戸市―
―シンポジウム―
高岸憲二、篠崎哲也
学術プロジェクト課題の研究成果報告肩凝りに関する研究
 
篠崎哲也、柳川天志、斉藤健一、対馬義人、宮崎将也、渡辺秀臣、遠藤啓吾、高岸憲二
骨肉腫化学療法におけるPerfusion Computed Tomographyを用いた治療効果の判定
 
小林 勉、大沢敏久、鈴木秀喜、須藤執道、山本敦史、設楽 仁、篠崎哲也、加藤和夫、高岸憲二
高校野球投手の肘関節障害の判別に寄与するメディカルチェック検査項目の検討
 
小林 勉、大沢敏久、鈴木秀喜、須藤執道、山本敦史、設楽 仁、篠崎哲也、高岸憲二
肩関節の術前肩疼痛におけるVAS評価の検討
 
設楽 仁、須藤執道、鈴木秀喜、大沢敏久、山本敦史、小林 勉、石川 隆、荒牧雅之、饗場佐知子、篠崎哲也、高岸憲二
反復性肩関節(亜)脱臼に対する治療法の比較 Modified Inferior Capsular Shift法vs.鏡視下Bankart修復術
 
山本敦史、大沢敏久、鈴木秀喜、小林 勉、設楽 仁、篠崎哲也、高岸憲二
理学所見による腱板断裂の断裂形態の検討
 
大沢敏久、小林 勉、山本敦史、足立 智、中島慶子、鈴木秀喜、設楽 仁、篠崎哲也、高岸憲二
原テストを用いた高校野球投手の実態調査
 
須藤執道、篠崎哲也、山路雄彦、大沢敏久、鈴木秀喜、織内 昇、遠藤啓吾、高岸憲二
投球動作における肩関節周囲筋の筋代謝解析 ―FDG-PETを用いて―
 
滝 正徳、木村雅史、小林保一、朝雲浩人、佐藤直樹、萩原敬一、生越敦子、江黒美栄子、高岸憲二
新鮮膝PCL複合靱帯損傷に対する保存療法の適応と限界
 
飯塚 伯、反町泰紀、中島飛志、飯塚陽一、荒 毅、堤 智史、高岸憲二
RA頸椎手術例における上位頸椎部椎間関節癒合の検討
 
反町泰紀、飯塚 伯、堤 智史、飯塚陽一、中島飛志、荒 毅、関 隆致、高岸憲二
環軸椎後方固定術後における環軸椎関節癒合
 
堤 智史、篠崎哲也、大沢敏久、飯塚 伯、小林 勉、柳川天志、佐藤貴久、畑山和久、林 邦彦、高岸憲二
高齢者の頸肩痛に関するアンケート調査
 
―第33回 日本関節鏡学会学術集会  6月14~16日 札幌市―
-指定発言-
木村雅史、小林保一、朝雲浩人、滝 正徳、萩原敬一
解剖学的前十字靭帯再建術800例の経験から
 
日尾有宏、武田光宏、寺内正紀、木村雅史、高岸憲二
陳旧性脛骨顆間隆起剥離骨折に対し、靭帯再建術を施行した一例
 
畑山和久、樋口 博、木村雅史、渡辺秀臣、高岸憲二
Radiofrequency energyによる半月板修復術の組織学的変化
 
萩原敬一、木村雅史、小林保一、朝雲浩人、佐藤直樹、滝 正徳、生越敦子、江黒美栄子、高岸憲二
変形性関節症を伴ったACL不全膝に対するACL再建術
 
―第33回 日本整形外科スポーツ医学会 6月15日 札幌市―
滝 正徳、萩原敬一、木村雅史、樋口 博、小林保一、朝雲浩人、高岸憲二、篠崎忠利
Jリーグサッカー選手の難治性Jones骨折に対する体外衝撃波治療の経験、
 
―第32回 日本膝関節学会 6月15日 札幌市―
朝雲浩人、木村雅史、小林保一、滝 正徳、佐藤直樹、萩原敬一、生越敦子、江黒美栄子、高岸 憲二
2ルート法による解剖学的膝前十字靭帯再建術における再断裂例の検討
 
―第32回 日本足の外科学会  6月22・23日 長崎市―
日尾有宏、門田 聡、富澤仙一、長谷川惇、高岸憲二
後足部に発生した類骨骨腫の2例
 
―第33回 日本骨折治療学会  6月29・30日 東京都―
浅見和義、竹内公彦、松下正寿、飯塚陽一、中島飛志、中島大輔、高岸憲二
鎖骨骨幹部骨折に対するwiring併用観血的髄内固定術の治療成績と適応
 
浅見和義、竹内公彦、松下正寿、飯塚陽一、中島飛志、中島大輔、高岸憲二
Interlocking nailによる上腕骨遠位螺旋骨折の治療成績
 
―第19回 日本運動器リハビリテーション学会  7月7・8日 長野県―
篠崎哲也、佐藤貴久、割田敏朗、高岸憲二、織内 昇、遠藤啓吾
FDG PETを用いた高齢者大腿骨頚部骨折患者における術前術後の脳代謝評価
 
大沢敏久、高岸憲二、小林 勉、山本敦史、設楽 仁、篠崎哲也
原テストによる高校野球投手のメディカルチェック
 
―第16回 日本がん転移学会 7月9日 富山市―
ワークショップ
佐藤潤香、渡辺秀臣、篠崎哲也、柳川天志、高岸憲二
診断・治療 骨肉腫患者予後におけるFDG-PET imagingおよびAMF染色での解析
 
―第40回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会  7月12・13日 甲府市―
篠崎哲也、柳川天志、斉藤健一、対馬義人、宮崎将也、渡辺秀臣、遠藤啓吾
骨肉腫化学療法におけるPerfusion Computed Tomographyを用いた治療効果の判定
 
柳川天志、渡辺秀臣、篠崎哲也、高岸憲二
良性骨腫瘍に対する骨移植を用いない骨掻爬術
 
―第56回 東日本整形災害外科学会  9月21・22日 軽井沢町―
―シンポジウム―
小林保一、木村雅史
高齢者に対する関節鏡視下膝半月板切除術の成績とMRI骨髄信号変化の臨床的意義について
 
喜多川孝欽、篠崎哲也、柳川天志、高岸憲二
橈骨遠位端に生じたサルモネラ骨髄炎の1例
 
武智泰彦、田鹿 毅、久保井卓郎、中島大輔、割田敏朗、岡邨興一、斉藤健一、武智瑠美、畑山和久、高岸憲二、林 淑郎
ガス壊疽3症例の検討
 
齋藤健一、柳川天志、篠崎哲也、高岸憲二
臀部に発生した褐色脂肪腫の一例
 
滝 正徳、木村雅史、小林保一、萩原敬一、清水雅樹、生越敦子、江黒美栄子、本庄友里野、高岸憲二
3度の膝後外側支持機構損傷に対して急性期に修復術を施行した2例
 
佐藤貴久、篠崎哲也、割田敏朗、内田 訓、高岸憲二
変形性股関節症例におけるFDG-PETを用いた股関節周囲筋代謝の検討
 
滝 正徳、木村雅史、小林保一、萩原敬一、清水雅樹、生越敦子、江黒美栄子、篠崎忠利、高岸憲二
体外衝撃波治療で石灰の縮小を得た慢性石灰沈着性健板炎の1例
 
荒 毅、飯塚 伯、高岸憲二
血液透析症例における軸椎椎体垂直骨折の1例
 
荒 毅、飯塚 伯、高岸憲二
頸椎脊柱管拡大術は術前頸部愁訴を改善させうる
 
―第34回 日本股関節学会学術集会  10月11・12日 金沢市―
佐藤貴久、篠崎哲也、割田敏朗、内田 訓、高岸憲二
THA前後の変形性股関節症例におけるFDG-PETを用いた股関節周囲筋代謝の検討
 
―第34回 日本肩関節学会 10月12・13日 宇都宮市―
中島大輔、山本敦史、大沢敏久、小林 勉、佐藤直樹、岡邨興一、西野目昌宏、割田敏朗、高岸憲二
無症候性腱板断裂の疫学
 
山本敦史、高岸憲二、大沢敏久、小林 勉、佐藤直樹、岡邨興一、中島大輔、西野目昌宏、割田敏朗
無症候性腱板断裂の臨床像
 
大沢敏久、高岸憲二、有田 覚、小林 勉、鈴木秀喜、山本敦史、設楽 仁、中島大輔
5mm以上転位のある上腕骨大結節骨折の手術療法と保存療法の比較
 
大沢敏久、高岸憲二、小林 勉、鈴木秀喜、山本敦史、設楽 仁、田鹿 毅、久保井卓郎
原テストによる高校野球投手のメディカルチェック―第2報―
 
小林 勉、高岸憲二、大沢敏久、山本敦史、中島大輔、設楽 仁
超音波検査による棘下筋筋収縮の検討
 
―第22回日本整形外科学会基礎学術集会  10月25・26日 浜松市―
大沢敏久、篠崎哲也、高岸憲二、小林 勉、山本敦史、設楽 仁
肩腱板断裂の診断における肩関節液中の生化学的指標の多変量解析
 
柳川天志、渡辺秀臣、篠崎哲也、高岸憲二
FDG-PETにて高SUVを示す良性腫瘍に発現する分子種の解析
 
清水雅樹、樋口 博、高岸憲二、篠崎哲也、小林 勉、畑山和久
変形性膝関節症に対するヒアルロン酸とコルチコステロイドの関節内投与に関する前向き無作為な調査
 
岡邨興一、高岸憲二、山下智子、和泉孝志、杉本博之
転写因子Ets2は核移行シグナル(NLS)と核外移行シグナル(NES)を有し、リン脂質合成酵素CTαの転写を促進する
 
―第18回 日本臨床スポーツ医学会学術集会 11月3・4日 別府市―
小林 勉、大沢敏久、田鹿 毅、山本敦史、久保井卓郎、設楽 仁、高岸憲二
高校野球投手の腰痛・肘痛・肩痛に係わる因子の検討―過去3年間のメディカルチェックの結果から―
 
久保井卓郎、小林 勉、大沢敏久、田鹿 毅、山本敦史、設楽 仁、高岸憲二
肘痛を有する高校野球投手に対する関節弛暖・タイトネス調査
 
―第35回 日本リウマチ・関節外科学会 11月9・10日 東京都―
清水 雅樹、木村 雅史、小林 保一、高岸 憲二
膝関節離断性骨軟骨炎における治療方針とその成績
 
田鹿 毅、高岸憲二、大沢敏久、小林 勉、山本敦史、角田和彦
結核性肩関節炎の1例
 
―第42回 日本脊髄障害医学会  11月9・10日 大宮市―
西野目昌宏
RA頚椎手術例における上位頚椎椎間関節骨性強直の検討
 
反町泰紀、飯塚 伯、荒 毅、西野目昌宏、高岸憲二
Magerl法後の環軸椎関節癒合―X線上の諸因子及び後頭環椎関節形成との関連―
 
―第13回 日本最小侵襲整形外科学会  12月8・9日 高松市―
日尾 有宏、長谷川 惇、野口 英雄、門田 聡、高岸 憲二
小皮切による踵骨骨折の整復固定
 
―BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)12月11~14日 横浜市―
岡邨興一、山下智子、堀端康博、高岸憲二、Dennis E Vance、和泉孝志、杉本博之
Ets2の核内(NLS)および核外移行シグナル(NES)の同定およびRAW264細胞を用いたM-CSF刺激によるCTP:phosphocholinecytidylyltransferaseα(CTα)転写促進におけるEts2の重要性

 
 

 
 

 

topへ戻る