群馬大学医学部整形外科教室

電話番号

 
シニアレジデントリレーブログ

現状。:徳永 伸太郎

2016年08月03日

シニアレジデントの徳永伸太郎です。 

現在3回目のローテーションにてSpine班でお世話になっています。

夏休みということもあり、学生さんの予定手術にて入院患者の平均年齢は普段より減少中?

2の手術日は、オペに参戦!同分野は特に術野が狭いので、背伸びしたりしてのぞき込んだり。基本的に第2助手ですが参加させて頂くのですが、第1助手の先生方に立場を変わって頂いたり、術中適格な手術の内容や解剖の解説をして頂いたり。対先日、術後で大変お疲れだったに違いないM先生によるレジデントセミナーで脊椎の解剖が開催されました。本で読んでも椎間関節が複雑で分かり辛い部分や、手術の術中操作でよく使うメルクマールであったり本当に勉強になりました。

ちなみに僕の母国(ボリビア)では全く逆で、質問すると基本自分で読みなさいと言われる羽目になることが多く、なかなか臨床と関連付けて覚えられなかったり、フィードバックが遅かったり、非合理的な学生生活を送ったものです。また資料も教科書を読むしかないことが多く、日本(今のところ群馬・埼玉)では、先生方がこんなに熱心答えて下さったり、見やすい資料が沢山あって、やっぱ日本は良いなあと大喜びです。

まあそんなことで、いろいろ大変なところもありますが、今後のために日々鍛錬です。

 
 

topへ戻る